ルテインサプリを選ぶ時の注意点は?

サプリでの改善実績は十分なデータがある

ルテインの摂取は、黄斑変性症に有効だという事が明らかとなっているそうです。

国内でも、黄斑変性症の患者に対してルテインサプリの活用を積極的に行っている眼科も存在する程です。

報告によると、黄斑変性症の改善以外にも、視力が片目0.01だったものが裸眼で生活に支障が無い程に回復。場合によっては、視力が1.0以上にもなったという報告もある程、網膜の機能改善への有効性が確認されているそうです。

ルテインの服用による改善情報は多く有るため、後は、どのようなサプリを選べば良いのかが重要になります。

サプリを成分配合量と質で比較

■サプリを摂取する場合の注意点

ルテインサプリを選ぶ上では、配合量が満たされているかが第一優先となりますが、材料や製造方法も考慮すべき要素です。

■望ましいと思われる配合量

配合量に関しては、ルテインの一日摂取目安量が6mg前後と言われていますが、これは、あくまでも健康的な場合の必要量です。症状が既にある場合は、多めに摂取した方が良いです。

多く摂取する事で、悪影響をもたらすという事も考えにくい成分なので、過剰摂取を心配する必要も有りません。

■原材料はどちらが良いのか?

サプリの原材料は、天然の植物由来のものか、化学的に合成されたものかの二者択一になりますが、天然由来のものを選んでおく方が安心だと思います。

■特許製法

今では、「フローラグロー製法」という特許技術の抽出方法が確立しているそうです。

この技術により、体内に存在するルテインの形のまま摂取する事が可能となりました。ルテインサプリを選ぶ際には、フローラグロー製法である事を条件としても良い程です。

  • 十分な量のルテインを配合している
  • そのルテインがフローラグロー製法によるものである

これらの条件をクリアしたものの一つが、ドクターズチョイスのルテイン40mgです。

その他のルテインサプリも含め、配合量や内容量の比較結果は以下のようになります。※情報は予告なく変更される場合が有るらしいです。

サプリ名販売元1日分の目安量内容量
ルテイン40mgドクターズチョイス40mg/2粒60粒(30日分)
リッチルテインAFC25mg/1粒90粒(90日分)
ルテイン&ビルベリーマルマンバイオ15mg/3粒90粒(30日分)
いきいきルテインアイえがお15mg/2粒62粒(31日分)
ブルーベリー&ルテインアサヒ10mg/3粒90粒(30日分)
DHCルテインDHC11mg/1粒20粒(20日分)
ブルーベリー&ルテインリフレ6mg/1粒31粒(31日分)
ブルーベリー&ルテインAFC2mg/1粒30粒(30日分)
ブルーベリーアイわかさ生活記載無し/2粒180粒(90日分)

ドクターズチョイスのルテイン40mgについて

ドクターズチョイスのルテイン40mgは、天然のマリーゴールドを使用し、特許製法の「フローラグロー製法」により抽出されたルテインを配合しているそうです。

フローラグロー製法の特徴は、体内に存在するルテインと同じ形で抽出し配合する製法の事です。

体との相性が良いルテインが配合されているそうです。

本製品には、ルテイン以外にゼアキサンチンがおよそ2mg配合されているそうです。

ゼアキサンチンとは、網膜の中でも特に黄斑に集中的に存在するルテインが変化した成分で、ルテインよりも更に優れた抗酸化力を持っている成分です。

その他のサプリには、様々な成分が混在しているものも多く有りました。

また、成分量が不明確で情報が少ないサプリというものも存在する為、目の健康に良いと言われる成分が多種多様配合されてはいるものの、成分の配合量が不明確では摂取量も調整できません。

その点、ドクターズチョイスのルテイン40mgは、ルテインとゼアキサンチンのみ。

網膜の健康において、直接的に必要な成分のみを配合しているそうです。

また、配合量は1日分40mgですが、量を控えめにしたい場合には、1日1粒(20mg)にするなどの調整も可能ですので、使用用途によっての調整も可能です。