ルテインサプリメンのト比較

ルテイン高配合で特許製法を用いられているサプリ

ルテインは、普段の食生活でも少なからず摂取できますが、長期的に安定した量を摂取するのは難しいかもしれません。そう実感する場合は、サプリを活用するのも一つの方法です。

サプリも多くの製品が作られていますが、中でも、特許製法「フローラグロー」を用いているものに限り紹介してみたいと思います。

ドクターズチョイス ルテイン40mg

ルテインの含有量と製品の品質へのこだわりを考慮すると、ドクターズチョイスのルテイン40mgが質、量ともに優れていました。

しかも、1ボトルに2か月分含まれていてコストパフォーマンスも良好です。

  • 価格(目安):7,480円(2か月分)
  • 内容量:120粒(1ボトル)
  • 成分量:ルテイン40mg(ゼアキサンチン約2mg含む)
  • 抽出製法:フローラグロー製法(特許製法)

ドクターズチョイス製ルテイン40mgの特徴は、「フローラグロー製法」を用いる事で体内に存在するルテインと同様の成分形式で抽出されたものが含まれている点です。つまり、人の体と相性が良いルテインを摂取できるという事です。

フローラグロー製法は、アメリカに本拠地を持つケミン社の特許技術です。また、ケミン社のルテインを使用している日本国内の食品会社・製薬メーカーは、明治製菓、常盤製薬、キューピー、ファンケルなど大手が利用している高い実績があります。

ケミン社では臨床試験も行われていて、90人を対象とした試験を行った12ヵ月後には、黄斑色素の密度が平均で50%もアップしたという報告があります。

また、原材料は天然のマリーゴールドからの抽出したルテインのみをしているので、科学的に合成されたルテインと比較して安心感が違いるそうです。

ルテインサプリを摂取する事で黄斑色素量が増えると、黄斑の保護力・機能を高める期待が持てます。

ドクターズチョイスのルテイン40mgを使用する場合。

  • 天然成分のルテイン(マリーゴールド抽出物)
  • 人体に存在するルテインに近い状態で摂取できる
  • サプリによる臨床試験で効果は確認済み
  • 国内の大手メーカーも採用しているルテインを使用したサプリ
  • 一日あたり、40mgものルテインを摂取できる
  • 1粒あたりの価格も抑えられているので継続しやすい

更に、黄斑の中央部である”中心窩”にのみ存在するゼアキサンチンが含まれているみたいです。ゼアキサンチンは、ルテインの代謝物であり、ルテインよりも更に高い抗酸化力を備えた色素成分なので、視界の中心であり最も光が集中する中心窩を保護する役割を担いるそうです。

さらに、製品の改良によって、アントシアニンを含むビルベリーエキス、抗酸化や動脈硬化に有効なビタミンEも含まれているそうです。

また、1日分2粒から1粒に変更しても20mgのルテインが摂取可能です。1ボトルで4ヶ月分と、さらにコストパフォーマンスが優れる活用方法が可能です。

ルテインサプリの配合量や価格の比較

市販のルテインサプリの配合量やコスト面の比較情報です。

メーカー名 品質 1粒量 内容量 通常価格 1mgあたり
ドクターズチョイス FloraGLO 20mg 60粒 3,980円 3.3円
DHC フリー体 16mg 30粒 1,234円 2.6円
Doctor's Best FloraGLO 20mg 60粒 2,687円 2.2円
さくらの森(めなり) フリー体 12mg 60粒 3,980円 5.5円
わかさ生活 FloraGLO 10mg 31粒 1,880円 6.1円

主要なルテインのサプリを比較してみると、1粒の含有量は、10mg~20mg含まれていました。

他にも、各社個別に眼に良いとされる成分が色々と含まれているものもありますが、ルテイン、ゼアキサンチンを同時に摂取できるものがベター。更に、プラスアルファで抗酸化成分が入っていると、他のサプリを併用しなくて済むのではないでしょうか。

また、使用されている材料に関するメリットなどの情報は、あくまでも成分に関する知識であり、サプリに含まれているものではありません。このあたりを意識すると、必然的に何が良いサプリなのかが見えてくると思います。

体内で使用されているものと同一のルテインが配合されているサプリか、それとも、ただ単にマリーゴールドから抽出されたルテインで、配合量もいまいちなものを選ぶのかという二者択一であれば、考えるまでも無いかもしれません。