カロテノイドとは

カロテノイドは健康食品に多い抗酸化色素

カロテノイドというのは、赤色、橙色、黄色などの色素成分の総称で、食材としては、にんじん・ホウレン草・ブロッコリー等の緑黄色野菜等に多く含まれています。

目や皮膚の健康との関係が深いだけではなく、がんの抑制にも効果的と言われる成分ですが、細胞を保護する働きが優れている理由は、カロテノイドの代表的な働きである抗酸化作用によるもの。

単純に考えて、抗酸化成分は、体内で発生する活性酸素や老廃物による細胞への攻撃を防いでくれるということですが、目の網膜では、網膜や水晶体などを保護することで加齢による症状を抑えてくれる事が注目されていますね。

また、カロテノイドには大きく分けて2種類があり、βカロテンに代表されるようなカロテン類とルテインなどのキサントフィル類があるみたいです。これらの大きな違いは、カロテン類が炭素と水素でできているのに対し、キサントフィル類は、酸素も含まれているそうです。

カロテン類の主な色素成分は、βカロテン、リコピン、αカロテン等がありますが、どれも健康との関連が深いというイメージがすぐに思い浮かべられるものばかりです。

一方のキサントフィル類は、ルテインをはじめとして、カプサイシン、アスタキサンチン等、こちらは、黄色や赤色の印象が強いだけではなく、カニやエビをはじめとする海産物にも多く含まれているそうです。

他にもひじきやワカメ、昆布に多いフコキサンチンという成分もキサントフィル類の仲間になるそうですが、このように健康との関連の深い食材の多くには、カロテノイドが含まれているということがわかりました。

カロテノイドを効率的に摂取するには?

抗酸化作用に優れている色素成分のカロテノイドですが、ヒトは自分の体で生成する事が出来ないそうです。なので、それらを含む食べ物から補う必要があるのですが、ルテインも同様に、食品やサプリで摂取しなくてはならないという事ですね。

色素成分は、三大栄養素には含まれていませんが、今では、健康に欠かせないものとして認知されているのもまた事実。

活性酸素などのフリーラジカルによって細胞が傷つけられるのを防ぐ働きが優れている事で、老化やがんの発生を抑え、細胞が変成する事で引き起こされる症状などを防いでくれるので、積極的に摂取していきたい成分です。

特に、現代人の生活は、大気汚染や紫外線、喫煙、過労やストレス、商品添加物など、活性酸素を増やす要因が多くあります。活性酸素もまた、こうした有害から体を守る為に発生するという側面を持ちますが、これらが体を傷つける要因となります。

こうした活性酸素によるダメージから眼を守る上でもルテインやゼアキサンチンなどのカロテノイドは欠かせませんが、健康を維持するという大きな意味でも欠かせないものである事は確かですね。

抗酸化作用の優れた色素成分

カロテノイド(カロチノイド)とは、大きなグループとして考えると天然の色素成分の一種という事になり、その数、600種類以上が今までに見つかっているそうです。

一種と言っても、他の色素成分と比べた場合の事であり、代表的なものとして、ルテイン、リコピン、カロテン類、カプサイシン、アスタキサンチンなどが含まれます。

カロテノイドの特徴は、植物の作り出す強い抗酸化成分として知られていますが、同時に、抗がん作用も持つそうです。これらは、いずれも活性酸素の害を無効にするという部分で共通している事ですが、体内から直接やってくる害を吸収するなどして、無害な状態にするという働きも担います。

目の健康に関わる成分として、ルテインとβカロテンなどがありますが、どちらもカロテノイドなので共通している部分があるというのも頷けます。

カロテン類?キサントフィル類って?

こうした成分は、名前が似通っているものが良くあり混乱してしまいがちですよね。

カロテン類は、カロテノイドの別名ではなく、このグループの中にあるものの一つ。キサントフィル類も同様です。

  • カロテン類:炭素と水素原子のみで構成されるもの
  • キサントフィル類:炭素と水素原子+酸素原始を含むもの
カロテン類 αカロテン
  βカロテン
  γカロテン
  δカロテン
  リコペン
キサントフィル類 ルテイン
  ゼアキサンチン
  カンタキサンチン
  フコキサンチン
  アスタキサンチン
  アンテラキサンチン
  ビオラキサンチン

また、ヒトをはじめとする動物(霊長類)は、カロテノイドを体内で合成する事ができません。なので、補わなければ減少していくばかり・・・。

ちなみに、動物であるニワトリの卵(卵黄)にもルテインが含まれていますが、これは、ニワトリが食べた穀物から直接入ったものだそうです。