黄斑ジストロフィ

先天的な黄斑の異常「黄斑ジストロフィ」

黄斑変性症は、高齢者に多いという事もあり、その原因の多くは加齢や生活習慣との関わりが多くあります。

ですが、中には、遺伝的疾患により次第に症状をあらわすものが存在していて、遺伝子の異常で引き起こされる場合を黄斑ジストロフィと呼ぶそうです。

■どのような症状か?

黄斑ジストロフィは、黄斑部の組織が徐々に変性萎縮を起こすもので、この病気の中にも病巣の形状などによって、複数の種類が存在しているそうです。

種類のよって異なりますが、現れる症状は、黄斑変性症と同じように視界の中心部が暗くなる中心暗点を引き起こしたり、視力の低下や色素異常、または、まぶしいと感じる事などがあります。

■自覚が乏しい場合のリスク

また、ジストロフィの怖いところは、幼児の事に発症した時には、まだ病気に対する知識も経験も少なく、自覚していないこともあり、気づいた頃には大分進行してしまっている事があるという点です。

眼底検査によりある程度の診断が可能ですので、お子さんが居る家庭では、少しでも異変を感じるような事があれば、眼底検査をしてもらうのも一つの手段です。

この他にも、遺伝的なものと少し異なりますが、未熟児で生まれた場合には、網膜症を発症する危険性が高いと言われているそうです。

早期に生まれてしまう弊害として、網膜内の組織が十分に発達していないことで、網膜の殆どが無血管になってしまう為です。

今では、医療技術の発達により、視機能が失われる危険性も軽減されていますが、このように、遺伝的疾患や生まれた状態によっても、網膜に異常を引き起こす事があるという事です。

■治療方法

網膜色素変性症と同様に、有効な治療方法は見出されていないのが現状です。その為、眼鏡などの補助具を使用したり、リハビリを取り入れる事によって症状の進行を出来る限り遅くし、医療の進歩を待つ事となりそうです。