網膜動脈閉塞症

重症化しやすい網膜動脈閉塞症

目の病気の中でも重症化しやすい病気の一つに、網膜動脈閉塞症というものがありました。この病気は、網膜に栄養素や酸素を送る動脈内が詰まってしまうものなのですが、酸素不足に陥った網膜細胞は死滅してしまうそうです。

血管や網膜には何ら異常が無くても、網膜動脈で血栓が出来て詰まる事や心臓などの他の部位から運ばれてきた血栓によって引き起こされる場合があるらしく、その手前の血管から眼球内で血液が漏れ出す恐れもあるようです。

網膜動脈閉塞症は、糖尿病や高血圧などの持病を持っていると発症しやすいと言われているそうです。他にも、自己免疫疾患を持っている場合や経口避妊薬の副作用として引き起こされる場合もあると知りました。

また、発症する部位によって呼び方が異なり、中心と分枝の2種類に分けられるのですが、中心動脈閉塞症になると網膜細胞がすぐに機能しなくなり、視野全体が暗くなってしまうそうです。

症状の発症は、強い自覚症状があるので把握は容易らしく、眼底検査での診断もできるので蛍光造影検査を行えば診断が確実なものとなるそうです。

治療方法は、血管拡張作用のある薬剤や血栓を溶かす薬物などを投与するのが一般的らしいですが、日ごろからできる予防として、血中コレステロールを除去する働きがあるビタミンEなどを摂取するのも一つの方法とありました。

ビタミンE剤も血管の流れを改善するのに使われる場合もあります。

他にも、喫煙習慣の改善や高コレステロール食などを避けて、生活習慣の改善に努める事も必要となります。特に、糖尿病と診断されている場合には、血栓が出来やすい以外にも、糖尿病網膜症のような病気へと発展するリスクもありますので注意が必要です。