黄斑に関係する病気

黄斑変性症と類似する眼の病気

黄斑が何らかの影響で変性してしまう症状を黄斑症と呼ぶそうですが、中でも、新生血管という本来必要ない血管の発生が関係しているものを新生血管黄斑症と呼ぶそうです。

黄斑変性症には、視野がぼやけるなどの症状が似ていることから、黄斑変性症には複数の類似する病気が存在します。また、黄斑変性症はタイプが2種類に分けられ、加齢や遺伝的要因と関係性の深いドライタイプは、日本人よりも欧米人で発生しやすくなっているそうです。

もう1種類であるウェットタイプ(滲出型)は、新生血管の発生などが関係しているもので日本人に多く発症しているみたいです。

加齢黄斑変性症

黄斑変性症の中でも、50歳以上で発症するものを加齢黄斑変性症と呼ぶのですが、原理は、加齢により網膜色素上皮や脈絡膜の機能低下が関係して起こるというもそうです。また、加齢黄斑変性症の場合は、遺伝子の影響で発症する事もあると言われているそうです。

特発性新生血管黄斑症

比較的若い人に起こりやすく、原因がはっきりしないものを特発性新生血管黄斑症と呼ぶそうです。近年では、若い世代の発症率が上がっているということからも、生活因子との関係が疑われているそうです。

黄斑円孔(おうはんえんこう)

黄斑部に孔(あな)が空くもので、高齢者に多い病気です。視野の中心である黄斑部に孔が空くので、ものが見えなくなります。黄斑円孔が起こるきっかけは、網膜の内側の組織である硝子体が老化とともに収縮することで、黄斑部が引っ張られ、力がかかり過ぎると裂けて孔が空いてしまうそうです。

孔の空いている黄斑部の一部は網膜がなくなってしまうので、ものが見えなくなってしまうそうです。

黄斑上膜(おうはんじょうまく)

黄斑の上に、膜がかかってしまう状態らしく、この膜の正体は硝子体膜で、黄斑上膜も黄斑円孔と同じように、硝子体の老化が関係しているそうです。

硝子体が老化して収縮すると、後部硝子体剥離と言って、黄斑側の硝子体が離れてしまう事があるのですが、この時に、黄斑部近辺の硝子体膜が取り残されてしまう事があるそうです。

この硝子体膜はコラーゲン繊維で出来ていて、取り残された一部も収縮してしまい、コラーゲン繊維が密集するので、黄斑部は半透明のフィルムに覆われたような状態になってしまい、映像障害となるそうです。

黄斑ジストロフィ

別名、先天性黄斑変性症と呼ばれ、黄斑部の網膜などが、次第に変性していく病気だそうですが、原因は生活習慣などの後天的なものではなく、遺伝子異常という先天的なもそうです。

遺伝子からの眼病なので、幼い頃から発症する場合もあれば、中年以降に発症するというケースもあります。

そもそも、ジストロフィというのは、遺伝子の異常によって組織や臓器が変性することを意味します。