黄斑変性症とは

網膜の黄斑の形が変わる症状

黄斑変性症とは、視界の中心である黄斑の形が変わり、ものが歪んで見える症状の事です。

網膜には視細胞があり、それが光を電気信号に変えて脳内に送る為のフィルターとしての役割を担っていますが、その網膜の中でも中心となる部分が存在します。

それか黄斑ですが、更に、黄斑の中心部分であり視点の中心にあたる組織を中心窩(ちゅうしんか)と呼ぶそうです。

黄斑は、少しくぼんだ形をしていて正常ですが、病変すると網膜の外側にある脈絡膜という組織の中で新生血管というもろい血管組織が生まれることがあります。

その血管は、作られては壊れを繰り返すので、内出血を引き起こし、その時に、黄斑を押し上げてしまうそうです。すると、ものが歪んで見えるようになり、その状態を放置しておくと、網膜に血液が行き届かなくなり失明する危険性も有るそうです。

これが、黄斑変性症のメカニズムのようですが、中でも、加齢とともに発症する場合を加齢黄斑変性症と呼び、今までは、加齢による発症が多かったものの、最近では、年齢性別問わずに発症するケースも増えているそうです。

また、この時の出血が硝子体にまで入り込めば硝子体出血も併発します。

黄斑変性症の治療には、レーザー治療や薬剤を投与する方法がありますが、どちらも、現状維持の為の方法と考えるべきなので、症状の発症を防ぐ為にも、網膜の健康維持に必要な成分であるルテインや、の他の抗酸化物質を意識的に摂取する事が大切なようです。