黄斑変性症になりやすい要因は?

視界の中心が歪んで見える黄斑変性症

黄斑変性症は、失明の繋がる恐れのある病気です。

  • 視界の中心が歪む・ボヤける
  • 黒くて何も見えない部分がある
  • まっすぐなはずの線が曲がって見える

また、以下のように黄斑変性症を発症しやすい要因があるそうです。

【遺伝的要因】

目の色(色素)によっても、黄斑変性症のリスクが変わってくると言われているそうです。

  • 瞳の色が生まれつき薄い

黄斑変性症は、遺伝的要因も強く関係している病気だと言われているみたいです。

日本人のように、ダークブラウンの瞳は、メラニン色素が濃く、強い日差し(光)の影響を受けにくくなっていますが、欧米人のように、ブルーやグレーの瞳は、メラニン色素が少ないので、網膜の中心にあたる黄斑部が影響を受けやすいそうです。

また、黄斑部の網膜、網膜色素上皮、脈絡膜などが少しずつ変性する黄斑ジストロフィという症状があり、この場合は、遺伝子の異常が原因だそうです。

他にも、黄斑変性症は、以下の二つのタイプに分類されているそうです。

  • ドライタイプ:黄斑部が加齢とともに損傷して萎縮する(欧米人に多い)
  • ウェットタイプ:老廃物、活性酸素、強い光(短波長)による影響(日本人に多い)

【生活・環境要因】

生活習慣や環境によっても黄斑変性症のリスクを高くしてしまう事が有るらしいです。

  • 長年喫煙を繰り返している
  • 汚染された空気の環境に居る事が多い
  • 外に居る事が多く、強い光の影響を受けやすい
  • 高血圧と診断されたことがある

活性酸素や老廃物の影響を受けて、黄斑変性症を発症する場合もあります。

この原因となるのは、タバコの煙のように発がん性物質を豊富に含むものや汚染された空気など、肺から有害物質を取り込んで、細胞の傷つけるなどの悪影響をもたらす事も関係しているそうです。

【年齢・性別による要因】

  • 50歳を過ぎている男性

黄斑変性症は、高齢に差し掛かった女性に多い眼病と言われていましたが、今では、50歳代の男性の発症割合が高く、女性の3倍にも及ぶと言われているそうです。

働き盛りでストレスや生活習慣などが乱れやすいことが、発症リスクを高める大きな要因と考えられているみたいです。

日本人の失明原因では三番目に多い

日本人の失明原因トップ3

  • 【1位】糖尿病網膜症
  • 【2位】網膜色素変性症
  • 【3位】加齢黄斑変性症

黄斑変性症は、2007年以降に急速に増え始め、今までは、日本人の失明原因の第三位となっているそうです。

国内の発症割合では3番目だとしても、罹患率(患者の数に対する失明割合)はトップとなっているので、発症すると失明のリスクが高い病気なそうです。

発症したら一刻も早いケアが大切な事、発症しないように日頃からのケアを心がける事も大切です。

かつては高齢での発症が多かったものの、最近では30代や40代と比較的若い世代での患者も増えているそうです。

「若いからまだ大丈夫!」と言ってられない状況が迫っているそうです。

一概に黄斑変性症と言っても年齢によって区別されていて、50歳以降に発症したものを加齢黄斑変性症と呼び、原因が不明で若い人に起こりやすいものを特発性新生血管黄斑症と呼ぶそうです。

新生血管がもたらす悲劇

黄斑変性症の原因として新生血管の誕生が関係しているみたいです。

目には、脈絡膜という層が有り、その中には、酸素や栄養を届けたり老廃物などを流す毛細血管が張り巡らされているそうですが、この毛細血管から派生してできた新しい血管が「新生血管」です。

新生血管は非常にもろくすぐに壊れてしまうそうですが、またすぐ出来ては壊れるというサイクルを繰り返します。すると、内出血を繰り返す事となるそうです。

特に、黄斑付近での発症が多く、これが原因で黄斑が押し上げられてしまう症状が黄斑変性症という事になります。

そもそも、黄斑という組織は、視界の中心でもっとも視力と色の識別に優れている網膜の一部です。外からの刺激を一番受ける部位でもある為、網膜の中でも栄養が集中しているそうです。このような事も関係して、網膜に何か有った場合の影響を受けやすくもあるそうです。

黄斑変性症を治療するには、新生血管が出来た原因を把握して、新たに出来ないように注意する必要があります。

進行を食い止める為に日ごろからできる事

黄斑変性症には、生活環境や遺伝的要因など、複数の原因が存在します。

このうち、黄斑ジストロフィは遺伝子が関係しているので手の施しようが有りませんが、日本人に多いタイプなら治療が可能です。

新生血管が出来ないようにする為にも、出来てしまった場合に、どのような改善方法があるのかを知っておく為にも、当サイトの情報がお役に立てればなと思ってます。

症状の進行を食い止める為だけでなく、目の健康の為と考えて予防という意味でのケアも心がけていきたいものです。