ルテインを多く含む食材の含有量目安

100gあたりのルテイン配合量

ルテインをサプリの摂取のみに頼りたくないという場合は、普段の食事からのルテイン摂取も心がける事でバランス良くルテインを摂取する事ができると思います。そこで、ルテインを多く含む食材を紹介しておきたいと思います。


  • ケール:21.90mg / 100g
  • ホウレン草:10.20mg / 100g
  • ブロッコリー:1.90mg / 100g
  • 葉レタス:1.80mg / 100g
  • グリンピース:1.70mg / 100g
  • 芽キャベツ:1.30mg / 100g

こうしてルテインの配合量を見てみると、ある程度の量で1日の必要量を補うことが出来るのは、ケールとホウレン草に限られます。食事から摂取することを優先的に考えるのは、健康の為にもとても大切な事です。

ですが、ルテインの摂取量の効率化を考えると、サプリも活用して上手に必要量を補うようにすることが加齢黄斑変性症とはをはじめとする眼病の予防に繋がると思います。

まずは食事から摂取するようにしましょう

黄斑変性症をはじめとして、眼の病気を改善する為に、日頃からの栄養摂取は必要不可欠です。

その栄養を意識的に摂る方法として、サプリ活用するというのは良いことですが、選ぶサプリによっても品質がありますので、その点を考慮すると、まずは食事で補えるように心がけることが大切です。

サプリと食材との違いは、体内での生理活性だそうですが、サプリ中には、成分情報が明確で無いものや化学的に合成されたものなどあり、実際にどのくらいの効果があるのかという部分まで追及されていないものが沢山あります。

一方、食材に含まれる栄養成分は、人が本来栄養を摂り入れる方法であり、食材に含まれるその他の栄養素と関わり合うことで、体内での吸収率の良さや、吸収された後に有効に働く割合が高いというのが一般論です。

このようなことから、自分にとって足りない栄養素が何なのか、ある程度明確になっている場合には、まずは、その栄養素がどのような食材に豊富に含まれているのかを確認し、日頃から、もしくは定期的に食べる習慣を身につけるのが良さそうです。

栄養成分の中には、普段から食べられる身近な食材にあまり含まれていないという場合も考えられるという事ですね。そのような場合には、サプリを上手に活用するというのが良いと思います。

また、サプリ選ぶ際も食事から摂取するのと同じような状態に近づける為に、食材から抽出されたエキスを配合しているものが良さそうです。