フローラグロー(FloraGLOR)製法とは

体内に存在するルテインと同一のものにできる「フローラグロー製法」

フローラグロー製法は、マリーゴールドの花びら(天然素材)から抽出したルテインを人の体の中にあるものと同じ形に結晶化する技術の事だそうです。

つまり、体内で使われるのに適した形のルテインを摂取することが可能だということになります。尚、フローラグロー製法は特許技術であり、その特許は、アメリカアイオワ州デイモンに拠点を持つケミン社が所有しているそうです。

より良いルテインを吸収することが出来るとあって、健康志向が強くサプリの注目度の高い日本国内でも、ケミン社のルテインを使用している企業が増えてきました。2003年の段階で、大手食品メーカー等を含めて33社と取引をしているという実績があります。

その一部は、明治製菓、常盤薬品工業、キユーピー、ファンケルなど、大きな企業ばかりです。つまり、ケミン社のフローラグロー製法によるルテインは、それだけ、健康食品関連の市場での認知度が高いそうです。

ケミン社の世界的特許製法

フローラグロー製法(FLoraGLO)とは、ルテインサプリの世界的スタンダードな製法として認知されているみたいです。なので、ルテインをサプリで選ぶ場合は、この製法を用いているものを選べば間違いないように思います。

この製法は、天然のマリーゴールドを原材料としてルテインを抽出し生成します。そうして結晶化されたルテインは、人間の体に存在するものと同一になっているという特徴があります。

また、特筆すべき事として原材料への安全性をクリアしている点ですが、フローラグロー製法の特許を持つケミン社では、残留農薬や保存料の基準をクリアし食用として認められた全体の2割に限られたマリーゴールドを使用している点です。

食用として安全に用いるものが出来るマリーゴールドが原材料となっているそうです。

また、第三者機関など複数から承認を得ていて、品質に問題ない事が証明されているのも利用者にとっては、安心できるポイントだと思います。

そうした条件をクリアした限られた農場とのみ契約を行っているらしく、今は、インドの限られた農場に限定しているとの事です。

ただ単に特許製法のルテインという事だけでなく、原材料にもこだわっている点がケミン社のルテインが様々なサプリの材料として、広く活用されている理由かもしれません。

ドクターズチョイスのルテイン40mgもこうした理由から、唯一の品質としてケミン社のルテインを用いている理由に納得できます。

体内に存在するルテインと同一のものが吸収できる

ドクターズチョイスのルテイン40mgをオススメする理由は、配合量と価格のバランスに優れている事以外にも、成分が特許製法だからというところが大きな部分です。

この特許製法は、フローラグロー製法と言いますが、天然のマリーゴールドを原材料として含まれるルテインを抽出し、サプリの原材料として精製する事ですが、優れているのは、体内に存在するルテインと同一になっているからだそうです。

つまり、体内で使われる状態のルテインをそのままの形で摂取できるので、効率よく、無駄がないルテインの吸収方法だと言えます。

また、この特許を有するケミン社は、原材料にも厳しい基準を与えているそうです。

ドクターズチョイスのルテイン40mgで使用されている成分は、残留農薬や保存料などの厳しい基準をクリアしているもの。収穫されるマリーゴールド全体の20%程度にしか及ばない食用レベルのものが使われているそうです。

原材料にこだわり、その上で特許製法を用いているとなると、製品化するまでに、コストがかかるものですが、それでも、価格が1ボトルで4千円程度。

また、一日のルテイン推奨量は、予防のためなら20mg程度でも十分とも言われているので、それを踏まえると、1ボトルで2ヶ月(60日分)となるので、1月換算で2千円程度と格安です。

特許を有する唯一の品質であるルテインがそんな価格で続けられる事を踏まえても、他のサプリメントメーカーには、なかなか真似できるレベルには無いと思います。