飛蚊症の原因と対策を考える

飛蚊症の原因は人によって異なる

生理的飛蚊症の発症は、硝子体の主な成分の変性が関係していると言われているそうです。変性というのは、成分(栄養素)の構造が崩れてしまい、本来の形や働きを保てなくなるということです。

硝子体の成分は、コラーゲンとヒアルロン酸、そして水分だそうです。

そのうちの99%が水分なので、コラーゲンとヒアルロン酸は、あまり必要性が無いように感じるかもしれませんが、そうではありません。

硝子体の水分を保ち形状と透明度を維持するには、ヒアルロン酸が必要不可欠。また、ヒアルロン酸が硝子体に安定して存在する為には、コラーゲンが欠かせません。このバランスが保たれることで、硝子体は正常な状態を維持出来るそうです。

ですが、老化現象を始め、体内の酸化や老廃物が増えるなどの影響によって、硝子体の成分が壊れてしまう事が有るらしいです。

ヒアルロン酸が壊れて水分を保てなくなると、ドロドロの液状になってしまうそうです。その時、ヒアルロン酸を固定(安定)する役目を担っているコラーゲン繊維が壊れてしまうことがあり、その壊れたコラーゲンは、ドロドロになったヒアルロン酸の中に浮遊するようになります。

これが、いわゆる飛蚊症の正体だそうです。

コラーゲンは繊維状の組織で網膜に入ってくる光を遮断してしまい、その影が見える状態が飛蚊症なそうです。

あなたの飛蚊症が、服の繊維に似たホコリのような形をしている場合、それは、眼の中で浮遊しているコラーゲン繊維である可能性が有るそうです。

また、より黒くくっきり見える場合は、壊れたコラーゲン繊維が1本ではなく複数集まったものである可能性があります。まず、直接的な原因は、ヒアルロン酸が寿命を迎えてしまったこと。

一般的に、ヒアルロン酸は、コラーゲンと比べて入れ替わりの早い成分なのだそうです。

ヒアルロン酸の代謝スピードに、成分の供給が追いつかなくなる「ヒアルロン酸不足」が原因の一つと考えられるという事ですね。また、老化によって、成分の入れ替わりに代謝が追い付かなくなってしまう事も原因です。

活性酸素の影響による成分が壊れてしまうことで発症する

生理的飛蚊症は、ヒアルロン酸が変性し水分が保てなくなる事で起こるという事ですが、飛蚊症の発症を引き起こす大きな原因と考えられているものが有るらしいです。

それが、体(細胞)の酸化です。

私たちの体は、呼吸を繰り返すだけでも、その副産物として活性酸素が生まれます。

この活性酸素により細胞が攻撃されると、細胞の本来の寿命よりも早く壊れるようになってしまい、これが、硝子体のヒアルロン酸やコラーゲンにも影響してしまい、結果として飛蚊症を発症してしまうそうです。

活性酸素が細胞にダメージを与える事によっても飛蚊症を発症・悪化させる事が考えられるという事ですね。

体内の抗酸化成分が不足してしまうと、活性酸素の害を受けやすくなります。

体の中には、活性酸素から細胞を守る抗酸化物質というれるものが様々な種類存在していて、その抗酸化物質の働きにより、細胞が元気な状態を維持出来ているそうです。

硝子体の水分が抜け出し、網膜に影響する事もある眼病。

硝子体が変性する事で眼病へと進行してしまう場合が有るらしいですが、その一つが、後部硝子体剥離(こうぶしょうしたいはくり)です。画像のように、硝子体の中の水分が抜け出し小さくしぼんでしまう眼病です。

硝子体は本来、眼球の形状を保つのにとても大切な組織なのですが、このように小さくなってしまうと、いくつかの悪影響がもたらされることが有るらしいです。

  • 組織の分解による飛蚊症
  • 眼球の形状が保てなくなる
  • 網膜剥離を誘発する恐れ

飛蚊症発症のリスクが有る事はもちろんですが、眼球の形状が変化すると、視力が急激に落ちる危険性もあります。

更に、網膜が長い年月を経て硝子体膜と癒着を引き起こしていると、硝子体収縮の途中で網膜を引っ張ってしまうことがあるそうです。そうすると、網膜剥離を起こしてしまうそうです。

網膜剥離になると、失明の危険性が一気に高まります。

単なる飛蚊症だと思っていたら、実は硝子体収縮が引き起こされていたなんて事も無いように注意したいところです。それではなぜ、硝子体収縮が起こるのかということですが、この原因も老化が大きく関係していると言われていて、高齢者に多い病気の一つです。

きっかけは、生理的飛蚊症と同じように硝子体の組織壊れてしてしまい、硝子体の中の水分を保てなくなることです。

硝子体は、99%が水分であり、その水分を保つ為に存在しているヒアルロン酸が足りなくなってしまい、水分が出て行ってしまうことが大きく関係しているみたいです。なので、後部硝子体剥離を未然に防ぐ為には、十分な量のヒアルロン酸が必要となるということです。

網膜が何らかの影響で出血して起こる場合も飛蚊症となる

飛蚊症には、ホコリのようなものが見えるものではなく、視界が全体的に濁って見えたり、カーテンがかかったように見える場合があります。

見え方によっては、硝子体混濁と分類されますが、飛蚊症も硝子体混濁も原因や視界不良を考えると、それほど、大きな違いは無いようにも思えます。

飛蚊症と関係してるのが、網膜の病気などによる影響です。

硝子体はゲル状の組織というイメージからもわかる通り、高い透明度を保持しているそうです。一方、網膜は外からの光を受け取る組織で、視細胞と毛細血管が張り巡らされているそうです。

網膜に張り巡らされている毛細血管が傷ついたり、新生血管が発生する事によって血液が硝子体内に混入してしまうと、透明だった硝子体が濁ってしまい、はっきりものが見えなくなってしまうそうです。

このようにして、網膜の出血が影響して飛蚊症を引き起こします。網膜の出血による飛蚊症は、主に二つの原因があります。

一つは、網膜に傷が付いた場合で、眼球や眼窩周辺に外からの衝撃が加わる(眼球打撲)と、網膜が傷ついてしまうことがあります。このときに出血することで、飛蚊症となる事も有るそうです。

この場合、打撲が酷かったり、何度も眼球に衝撃が加わると網膜の傷口が広がり、硝子体の水分が網膜の裏側へ入り込んでしまうことがあります。

すると、網膜剥離を引き起こす危険性が高まります。

もう一つは、網膜の病気と関係しているそうですが、この場合は、糖尿病や眼球内の血管が詰まる事で、毛細血管の弱い部分から出血してしまい、その血液が硝子体の中に入ってしまうそうです。

どちらも生理的飛蚊症のように、症状の進行がゆっくりしているものでは無い場合もあり、失明の危険性も高いもそうです。これらの自覚症状がある場合は、眼科医で眼底検査を行うなど原因を追及する必要が有るらしいです。

進行がゆっくりなら、網膜の保護力が一時的に弱っているかもしれませんので、網膜を守る働きのあるルテインを意識して摂取する事などで進行を遅らせたり、場合によっては改善できる可能性も有るらしいです。