飛蚊症を改善するサプリはある?

サプリの活用で飛蚊症を治す事は出来る?

飛蚊症は、多くが生理的なもので加齢とともに起こるものなので、治せないそうです。一応、レーザー治療のような方法もあるそうですが、それも、一時しのぎに過ぎないのだとか。

でも、調べてみると、飛蚊症がサプリで改善出来る可能性は、ゼロではないそうです。

それに、どの道、医療が通用しないのなら、目の疲れの緩和や視力維持の意味も込めてサプリを続ける事で損する事は有りません。

そんなサプリの中でも、ルテインは、加齢黄斑変性症や白内障の予防などにも有効な抗酸化成分なので、同じように飛蚊症の予防にも有効かもしれません。

ルテインは、カロテノイド系フィトケミカルの一つで、目の網膜を保護し、老化に伴う目の病気を防ぐと確認されています。網膜の中心に位置する黄斑には、ルテイン以外にもゼアキサンチンという色素が存在します。

どちらも、網膜を可視光線によるダメージから守る為に必要なものだそうです。

また、強い抗酸化成分としての役割が有り、活性酸素の害から細胞を守る働きも担っているそうです。

他にも、ビルベリーに多く含まれる抗酸化成分であるアントシアニンは、青紫や黒色の色素成分でポリフェノールの一種に含まれます。

こちらも強い抗酸化力が有り、血中コレステロールを除去して血液をサラサラにする働きが有るらしいです。目というのは、血管組織も豊富な事、常に働いている事で血液の消費も多い組織と言われているそうです。

飛蚊症は目の老化現象の一つ。

じゃあなぜ老化するのかと言えば、目の回復機能が衰えていることや活性酸素などで傷つけられやすい事が関係している事も要因と仮定すれば、ルテインやアントシアニンには、飛蚊症を予防する上でも欠かせない成分と言えるのかもしれません。

もちろん、これら以外にも目の健康に良いと言われる栄養成分は色々と有るので、それらも用いる事で飛蚊症が改善できる可能性が更に高くなるのではないでしょうか。

そもそも飛蚊症って何?

飛蚊症の形は、線、点、輪のようなものと複数があり、色も、黒に近いものから半透明のものなど、人によって症状が異なります。

また、右目左目でも異なり、どちらか片方に極端に症状が出ることも有れば、両方にまんべんなく現れる事も有るらしいです。

飛蚊症が厄介なのは、自分以外には見ることができない事です。自分の感覚でしか自覚症状を確認出来ない為、どのくらい進行しているか確認するのも判断が難しいかもしれません。

飛蚊症の大半は、繊維質で細長い形状をしているそうですが、年月が過ぎると形が変化したり、新たに増えたり、濃淡によっては黒点のように見える事も有るらしいです。

原因の大半は、老化現象の一つとして現れる「生理的飛蚊症」であると言われ、この場合は、病院で何らかの治療を受けるということができません。

失明に繋がらない飛蚊症の改善は、自分でどうにかするしか無いそうです。

また、飛蚊症を取り除くことが可能な硝子体手術などが有りますが、根本原因がはっきりしていなければ、再発する可能性も有るらしいです。飛蚊症をどうにかしたいからと簡単に手術を決められるものでもありません。

  • 手術に伴う入院
  • 眼球の滅菌による苦痛
  • 術後数日間は特に滅菌が重要
  • 炎症を防ぐよう心掛けた生活

何らかの眼病との関係がある場合は手術を行うのも一つの解決手段かもしれませんが、いずれにしても、手術を行うということは、それ相応のリスクを背負わなければいけないことを忘れてはいけません。

なぜ生理的飛蚊症だと手術できない?

記述出来るやり方も有るにはあるのですが、大きなリスクとなってしまう危険性があります。もしも手術に興味がある場合は、どのようなリスクがあるのかという事を理解して下さい。

ではなぜ、術後に再発する危険性があるのかということですが、手術によって幾ら根本原因を取り除いたとしても再び老化が進むことによって再発する恐れがあるのは飛蚊症です。

実際に手術を行って再発した方、あまり変化を感じられなかった経験者も沢山いるようです。

そうしたリスクを背負うよりは、サプリを活用して、症状の悪化を少しでも和らげる。もしくは、改善出来る可能性に期待する方が体や気持ちに負担なく継続することができます。