ドクターズチョイスのルテインひと月あたりのコストは?

利用方法別のひと月あたりのコスト

ドクターズチョイスのルテイン40mgは、2か月分(120粒)で通常価格で7,480円ですが、そこに送料840円が加算されます。

そうなると、ひと月の出費は、4,160円です。

もしも、予防程度で試してみようという場合は、一日1粒でも良いと思いますので、その場合は、1ボトルで4ヶ月も利用する事ができるようになり、ひと月あたりのコストは2千円程度に抑える事が出来ます。

  • 通常量(1日2粒):2ヶ月(60日) → ひと月あたり4,160円
  • 通常の半分の量(1日1粒):4ヶ月(120日) → ひと月あたり2,080円

ルテインの配合量に優れていてゼアキサンチンを含んでいるのにも関わらずコストパフォーマンスにも優れているのがこのサプリの特徴です。また、家族で利用してみれば通常量2人で1ヶ月持ちますし、半分にすれば、2ヶ月持という使い方もできると思います。

  • 通常量を2人で利用(1日4粒):1ヶ月(30日) → 2人でひと月あたり8,320円
  • 通常量の半分を2人で利用(1日2粒):2ヶ月(60日) → 2人でひと月あたり4,160円

目の健康は、日ごろの生活習慣や環境による影響もありますので、同じものを食べて暮らす家族なら、似たような症状が出る事もありそうですから。

そうした時の予防方法として、ルテインを多く含む緑黄色野菜に加えて、日ごろ補いきれない栄養を確保する方法として、活用してみるのも良いと思います。

また、長く続けようと思うと、少し出費が嵩むという感じがするかもしれませんが、そんな時は、割引率の大きい4個セットや定期購入という方法もアリですね。それなら、再注文の手間も無く買うのが楽です。

直営店で買うと安い

ドクターズチョイスのルテイン40mgは、ケミン社の特許製法ルテインを高配合しているのに、価格が1ボトル4千円程度で済む理由は、まさに直営店販売だからと言えます。

簡単に言うなら、中間コストがかからない。

広告費などの無駄な費用がかからないから、その分、価格を抑える事が出来るという事ですが、まあ、それでもそこまで安くはありませんが。笑

何にしても、せっかく良い商品でもダイレクトメールやチラシ広告がバンバン来るようだと、購入する側にとってはイメージダウンしますよね。

特に、日本で販売されているサプリの多くは、売上を伸ばすためにキャンペーンなどと題して広告宣伝を増やしたり。他にも、楽天市場やAmazonなど、ネットショップでの取り扱いを可能とする事で中間コストがかかります。

結果的に、それらの中間コストは購入する側にとって費用負担となるので、成分の配合量がそんなに多くないのに価格は高めとなってしまうサプリメントが増えてしまう。

また、購入後も毎月のように必要の無いダイレクトメールが送られてくるなんていう事も少なくありません。反対に、広告費もかけずに価格を抑えられているサプリは、成分配合量が少なかったり、品質的に見て粗悪なものだったりするかもしれません。

結局、これらの費用もサプリの価格として含まれていると考えると、その分が無く安く購入できる方が利用する側、特に、リピート購入を希望している場合には、余分なコストをカットできます。

配合量も十分で良ですね

ドクターズチョイスのルテイン40mgは、一日あたりの推奨されるルテイン摂取量が40mg(2粒)となっています。これは、加齢黄斑変性症の予防や改善に必要とされる一日分の量の2倍以上だそうです。

情報の引用元によって誤差がありますが、一日20mgでも十分という情報はよく見かけます。なので、1日1粒でも十分かもしれません。それだけ高配合なのですが、ただ成分がたくさん入っていれば、良いサプリとは言えませんよね。

何より、ルテインの質が重要です。

その点、ドクターズチョイスのルテイン40mgの原材料は、食用の天然マリーゴールドを使用し、更にフローラグロー製法によるルテインなので高品質。

これは、特許製法なので、他のルテインサプリでは、真似する事はできません。

その位、品質という意味でも確固たる地位を持ったルテインなので、ドクターズチョイスのルテイン40mgに限らず、ケミン社のルテインを原材料として使用しているルテインサプリは、割と多いようです。

その中でも配合量とコストのバランスでは、ドクターズチョイス程にできるところは、あまり無いような気がします。

このように、配合量と品質は間違い無いので、後は、コストバランスを見ながら量の調整をしていくと、無理の無い範囲で続けていく事が出来るのではないでしょうか。